Wednesday, November 23, 2016

アメリカ大統領選挙のあと

今月の初めにアメリカ大統領選挙がありました。メディアを始め誰もが驚いたトランプ氏の当選
G・ブッシュ大統領が当選した時も、私は個人的にかな〜りがっかりしたのを覚えてるけど、今回はそんなん可愛かったなって思う。落胆と驚きと不安といろんな気持ちが一気に押し寄せてきて、数日間はボーゼンとしちゃったなぁ。
選挙の開票中、もう既に夜中になってるアメリカにいる友達と、しばらくチャットしたり電話で話したりした。どうしようもなくてやるせない気持ちはきっとグアムにいる私よりも本土にいる彼らの方がすごかったと思う。

トランプ氏当選で、アメリカの将来が不安になってきた。この国は、正義とか自由とか無差別とか言ってるけど、多くの人がうわべだけのいい人でも心にはダークなもんをもってるんだな〜ってね。
アメリカ人の友達が、『これがアメリカ人の本当の姿だよっ。』て言ってたわ。
私もそう思うわ。
もちろん、そうでない人も沢山いるよ。
それでも、人種差別はどこの国よりもすごいと思う。移民の国とか言うけど、歴史は十分に引きずっているしね。アメリカ人のおじいちゃんたちに、私が日本人であることを下に見られた経験だって何回もある。肌の色の違いで差別はまだまだある。
まだまだ歴史が浅い国で、いろいろ発展途中なんだと思うけど、これでこの発展が悪い方向に進んで行かないことを心から願います。

選挙を通して、私の友達達がトランプ氏を支持していなかったという事を知ったり、そして同じ想いなんだな〜って事がわかっただけでもホッとしたよ。この大統領選挙前後のソーシャルメディアは本当に醜くて、お互いの候補者の文句やゴシップを掲載するだけでなくて、支持している候補者が違うとやっぱり仲良い友達でもこの人大丈夫かな?って思ってしまったりね。
私はアメリカ市民じゃないから選挙権ないけど、心は基本的に民主党よりなんです。
友達の中には、ハードコアな共和党の人もいて、その人とは、戦争、ガン、同性愛、子供、いろんな部野で意見が違うんだよね。でも話し合ったところでそこは平行線で、どちらかというと友達としての不信感が生まれちゃうんだよね。
アメリカではよく、宗教と政治はしちゃだめだって言うんだよね。みんなめっちゃ熱いからね。
フェイスブックなどのソーシャルサイトで、反対側を支持してる友達を友達から外したりする人がものすごく増えているそうです。わかる気もするけど(苦笑
政治に関心をもって熱く語って友達解消しちゃうほどなのは、さすがアメリカ。

私もそんなこんなで、ソーシャルメディアをお休みしてる。
仕事の関係上チェックはしたりしてるけどね、それ以外はなんか何もする気がでない。
このブログ以外はね、ここはまあ読んでる人少ないしからいいのだ。

現在グアムに住んでるカンザス出身の友達と、今ほどアメリカ本土に住んでいなくてよかったて思える時期はないね〜って。
グアムはどっちが大統領になってもあんまり変わんないからね。
グアムはいつもグアムのままだから(笑


No comments:

Post a Comment