Wednesday, July 2, 2014

不思議ワールド、織部庵

今回の日本滞在の最後のお店リポートにします。
可児市久々利にある地元でいつも気になっていてもなかなか入れない?入らない?お店。
日本滞在最終日、朝友達と行こうと思っていたカフェが2件連続空振りで、行き着いたのがこの春秋園の織部庵。なんだか引き寄せられた感アリ!
木曾義仲の子孫にあたる方がやっているこのお店。
そのおじさんがまた超面白いんだけど、お店の中もこれまた不思議ワールド。
おじさんパワーなのか、この場所がパワースポットなのか?
ここに来ると?人生が良い方向に向くらしいです(おじさん談)

名酒白鶴の樽で作られた個室(冷暖房完備)がバンガローのように立ち並び、その中で彼のお姉さんが創る軽くて素敵な陶器で、私は自家焙煎の珈琲とお菓子を頂きました。
京都から取り寄せたゆば御前もあれば唐揚げ定食なんかも食べられる。
所狭しとおじさんの書いた教訓やらオブジェ?なんかがあって、
店内を走る子供機関車は、以前名古屋三越の屋上のもので、是非是非〜といわれて乗せてもらっちゃいました(笑
関ヶ原の合戦ののち、この辺り一帯に移り住んだ千村家(義仲の末裔)のお城やお屋敷らがあったらしく、日本最古の水琴窟や庭園なんかもあって、実は由緒アル場所とおじさんだったみたい。 たまに芸能人の方もお忍びでいらっしゃるそうです。
聞くよりも言ってみるべし!の場所かな。 マジで一歩踏み入れると不思議ワールド前回です。おじさんのキョーレツキャラで本当に日常を忘れてぶっ飛びました。
This is the last cafe or restaurant report from Japan.. (since I am already back to Guam a week ago.)
I am always curious about this place whenever I pass by, but I've never happened to stop by till this one day.   I went out for my last coffee stroll with friends, and some cafes we wanted to go was closed... We all wonder about this place, so finally we dropped in.
The owner of this place is a descended of a famous warrior, and his ancestor builded a castle and settled down around here in 1600s.
Well, this place not just has a history, but it's got a funky feeling. 
Sitting inside a bungalow made with a big sake barrel with A/C, having a coffee with beautiful cup and saucer created by the owner's sister, mixed objects scattering around, and some calligraphy with wisdom and funny words created by the owner hanging everywhere. On top of it, we rode a kid's train:)  
We laughed so hard! The energy of this place or the owner was just so powerful,  and it was definitely the most funny experience! 


No comments:

Post a Comment