Tuesday, December 17, 2013

12月の紅葉と太郎ちゃん

メトロポリタン(都会的)な場所にはいい美術館がある。
だから、日本では美術館に行けるから嬉しい。
上野の西洋美術館のモネ展も行きたかったけど、
今回選んだのは川崎の岡本太郎美術館♥️
彼の独特で奇抜な作品は力強い。
曲線ととんがりが混ざった彫刻が特にすき。
そして考え方も結構好きです。
以前に岡本太郎記念館にも行った事があるんだけど(記念館と美術館とあるのね)
彼のアトリエ兼自宅にはコーヒーカップから家具に至るまで彼の作品だった事を思い出した。
生活全てが作品なんだなぁ〜って改めて関心したよ。
感情を作品に思いっきりぶつけてる感じもすごい。
私もそんな風に表現できるようになりたい。
そして上野公園も生田緑地公園もまだ紅葉が少しだけ残っていた。不忍池の蓮はもう枯れ枯れになってたけど(笑
カメラを持ってプラプラ散歩してるとおじさんに
『紅葉撮るならもっと早くこないとだめだよぉ〜。』
と、声をかけられたけど私にとってはもう十分すぎるくらいの紅葉だったよ。暖かい12月の初旬でした。
IMG_3657 IMG_3662 IMG_3659IMG_3860 IMG_3902 IMG_3904 IMG_3953 
IMG_3906IMG_3910IMG_3914  IMG_3941 IMG_3946
I love Metropolitan cities like Tokyo because it has great art museums.
When I go to Japan, one thing I do most likely is to visit a museum:)
This time I chose to visit Taro Okamoto Museum in Kawasaki. I like his art and philosophy. When I visited his house/studio in this Spring,  I was amazed by him surrounded by all his art (From coffee cup to furnitures are his creations. ) Not all things he created was my cup of tea, but I like how he expressed his art using mixture of soft, sharp, and strong touch. It feels like he wasn't afraid to show all his emotions via his arts. I wish I would become an artist like him.
Anyway, I was walking around with my camera and able to capture the end of fall foilage   I was so glad red and yellow leaves were still there to enjoy in sunny Winter day.

No comments:

Post a Comment