Tuesday, July 9, 2013

ギャッツビー♪

image via unknown source
映画でも本でも雑誌でもヴィジュアルものには、とても感心があります。目から入ってくるイメージってすっごく重要。色とか形とかね、映画はそれに人の声や音や音楽も入ってからいいよね。
この『華麗なるギャッツビー』は、"Romeo+Juliet" や"Moulin Rouge!"を監督したBaz Luhrmannの作品だったので、そこにある台詞や音楽もよくて視覚聴覚ともに刺激されて大満足でした。
大げさな感じや夢物語チックで舞台じみた感じも結構すきです。
女の子の衣装はPrada、装飾品はTiffany&Co.が提供してるだけあって乙女チックで可愛かったよ♥
そして、デイジーの髪型ショートボブにやられたぁ〜♥♥♥
使われてる音楽もよかった♪
最後にリンク載せたけど、Lana Del Ray の"Young and Beautiful” 彼女の古っぽい寂しい感じの声いいねぇ。

前のブログポストでも書いたんだけど、アメリカ文学を代表する『華麗なるギャッツビー』"The Great Gatsby" は、1920年代にF. Scott Fitzegeradによって書かれたんだって。本のタイトルはずっと知ってんだけどねぇ、読んだ事なかった。ちなみに調べてみたら日本語版は村上春樹氏が翻訳しているバージョンもあるんだよ、そっちも読んでみたい。

ギャッツビーは夢を見てその夢を叶え、そのなかで破綻していく男性なのに比べて、デイジーは夢を見たいけれど現実的に考えてしまう女性のタイミングの悪い部分がもどかしい。
身分階級の社会である夢をみて、それに向かって一途に進みアメリカンドリームをある意味叶えたお話は、今の世の中とも当てはめられる物語で、人の思ってる事ってあんまり変わんないかなぁ〜って思ったよ。
image via  joblo.com
image via unknown source
image via weheartit.com

I watched "The Great Gatsby" over the weekend. I always like visually stunning movie. Just like his other movie like "Romeo+Juliet" or "Moulin Rouge!", Baz Luhrmann made this movie very pretty and theatrical. Girls' costumes are provided by PRADA and jewelry are from Tiffany&Co. , so they are 1920-ish super girly and gorgeous! 
I enjoy the sound track of this movie, too.
Especially, Lana Del Ray's "Young and Beautiful". Her voice is sad and melancholic and beautiful:)

I always knew the title "The Great Gatsby" but I didn't know this novel is such a famous American literature like people read it in a school. 
This was written in 1920s' by F. Scott Fitzegerad, and I just found out that Haruki Murakami (of "1Q84") 's version of  Japanese translation of this great novel. I must read an original novel and Japanese one, too.
Gatsby finally fell and lost in his dream, and it was kind of sad ending.
However, he believed he could do anything if he wanted and believed in himself without single doubt gave me a lots of hopes and dreams.

No comments:

Post a Comment